オプション取引とは

オプションとは選択権のことですが、オプション取引とは、 ある商品(原資産-通貨・債権・株式・株式指数などの 金融商品、原油などの商品等)の一定数量を将来の特定の日(まで)に、予め取引時に約束した価格(行使価格) で買うことのできる権利(コール・オプション)、 または売ることのできる権利(プット・オプション)を売買する取引 のことです。

将来のある時点においてのみ権利を行使することが可能であるオプションを「ユーロピアン・オプション」と呼び、 契約締結後の将来の一定時点までの任意の時点で権利が行使可能なものを、「アメリカン・オプション」と言います。
(上記のオプション取引の定義の「特定の日(まで)」の(まで)はこのためです)

コール・オプション(買うことのできる権利)の保有者は、相手方に対し、 原資産を特定の期日(まで)に、行使価格で、一定数量を購入する権利が与えられます。
プット・オプション(売ることのできる権利)の保有者は、 相手方に対し、原資産を特定の期日までの任意の時点に、行使価格で、一定数量を売却する権利が与えられます。

オプションの保有者は、相手方に対し、対象商品の売買の履行を請求する「権利」を保有していますが、 売買の履行を請求する「義務」はないので、 自己に不利な場合にはオプションを放棄して権利行使を行わないこともできます。
他方、相手方は、オプションの保有者が権利を行使した場合、これに応じなければならない「義務」があります。

結局、オプション取引には、コール・オプションの購入及び売却、 プット・オプションの購入及び売却の4種類が存在することになります。
オプションを購入するためには、その対価(プレミアム)を支払わなくてはなりません。


オプション取引とは
オプション取引の具体例
オプション取引の危険性
オプション取引に関連した法律(改正等)、判例

金融商品被害にあわれた方へ

当事務所は、金融商品により、個人の方、企業に生じた被害を回復することを行う、金融商品トラブル対応の経験豊富な法律事務所です。
いますぐ金融商品被害の問題解決のため、当事務所にご相談下さい。

金融商品被害のご相談は、電話番号 03-3511-5801 まで今すぐお電話ください。
メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ