オプション取引に関連した法律(改正等)、判例

海外商品先物オプションについては、長い間規制がありませんでした。
唯一、特定商品取引法の役務提供として、訪問販売や電話勧誘販売の方法による場合だけ、 クーリングオフや取消権の対象となるだけでした。
しかし、2011年(平成23年)1月1日からは、改正商品取引所法(商品先物法)の規制対象となり、 不招請勧誘禁止(顧客が望まない勧誘の禁止)が導入されました。

したがって、現在存在する業者の大半が消滅すると考えられるため、 損害の回復等をはかるためには一刻も早い相談が必要となります。


オプション取引とは
オプション取引の具体例
オプション取引の危険性
オプション取引に関連した法律(改正等)、判例

金融商品被害にあわれた方へ

当事務所は、金融商品により、個人の方、企業に生じた被害を回復することを行う、金融商品トラブル対応の経験豊富な法律事務所です。
いますぐ金融商品被害の問題解決のため、当事務所にご相談下さい。

金融商品被害のご相談は、電話番号 03-3511-5801 まで今すぐお電話ください。
メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ